本当に痩せたい人、必見!!【体質改善のプロが解説】

本記事は、こんな人におススメ

この記事では、体質改善専門のプロが、本質的にダイエットや体質改善をする方法を伝授。

記事の内容は、全て経験に基づいた内容になります。

・対処的ではなく、本質的にダイエットや体質改善をされたい方
・単にダイエットするではなく、健康も大切にしたいという方
・色々な方法を試したけど、思うような効果が出ない、やめたらリバウンドしてしまう
・なかなか続かないという方

何か1つでも参考になり、健康課題が根本改善することを願っています。

筆者の経歴
・体質改善専門のパーソナルコーチをしています。コーチ歴5年
・300名以上のかたのダイエットや体質改善をサポート
・20kg以上のダイエット成功事例多数(リバウンド殆どなし)、お肌トラブル、様々な体調不良、メンタルなどの改善実績多数あり(※効果を保証するものではなく、あくまで個人の体験感想になります)
・一人一人に適した方法を考えながら、楽しく体質改善していくことを大切にしています
・健康に向き合うキッカケ作りの活動やブログの執筆も始めました^^

それでは、お付き合い下さい。

世の中には、たくさんのダイエット法や体質改善の方法があると思います。

良いものもたくさんあるのですが、中には扱いを間違うと逆効果になる方法も見受けらえれます。

ここで質問

★ダイエットや体質改善をされている方は、ゴールはどこですか?

痩せて綺麗になる、健康で元気になることはもちろんですが、
一時いい状態になるではなく、いい状態が長く手に入れることがゴールだと思います。

本記事では、

・どうすれば改善する?
・いい状態が長く続くために、本質的な対策や改善のお話しをしていきます。

こちらのお話ししていきます。

ダイエットと体質改善は、根っこの部分では、考え方も対策も同じなので、
ダイエットでお話しを進めます。

★ダイエットで本当に成功したいなら、カロリーオフダイエットから脱却せよ

一般的に多くの方がされているダイエット方法として、

・食事制限(糖質制限含む)
・運動

があると思います。

されている方も多いのではないでしょうか。

食事制限と運動をすると、カロリー制限をしたり消費したりするので、
実施中は痩せます。

しかし、やめればリバウンドしたり、リバウンドしやすくなる体質になる危険性さえあります。

うまく食事制限をしないと、筋肉量が落ち、代謝を落とす原因になるからです。

運動すれば大丈夫では?と思われる方もいらっしゃいますが、
食事制限しているので、筋肉になる材料も減っている(栄養不足になっている)ことも多く、
材料不足では、いくら運動しても筋肉量が増えないのです。

しかし多くの方が、この2つの方法でダイエットされているのが現状です。

このことが、多くの方がダイエットでなかなか成功できない原因になっています。

ではどうすればいい?

本質に着目すると「代謝を上げること」、これに尽きます。

ここから先は代謝についてお話しします。

記事を読んでいて、何か不明だったり、納得できないことがありましたら、コメント欄まで、ぜひご意見頂ければと思います。

それでは、代謝を上げるためにおさえるべきポイントを見ていきます。

大きく2つ

①腸内環境をいい状態にする

②肝臓をしっかり働かせる

腸内環境が肥満にも影響しているというのは、ご存知の方も多いかもですが、
肝臓も重要なんですね・・・

順番に見てきます。

①腸内環境をいい状態にする

こんな実験があります。

DNAが同じの双子の姉妹がいます。1人はふくよか、もう一人は細身体形。

それぞれの腸内細菌を、無菌マウスにそれぞれ移植したところ、驚きの結果が。

無菌マウスには、同じ量の食事を与え、同じ量の運動をさせた結果が、写真の通りです。

この実験から言えることは、

食事の量と運動以外のところで、太る太らないが決まっているということ。

こんなシーンに遭遇した方も多いのではないでしょうか。

たくさん食べているのに全然太らない人がいる一方で、少し食べただけでどんどん身についてしまう人。これは不公平だ!!と思った経験はありませんか?

痩せ菌、デブ菌というのを聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、

太る太らないは、腸内環境(腸内細菌)が関係しているということになります。

では、どのようにしたら、痩せ菌が手に入る!!というのは、後述で話すとして

次に肝臓についてお話します。

②肝臓をしっかり働かせる

なぜ肝臓が太る太らないに関係するかと言えば、

基礎代謝の約40%は肝臓で起きているからです。

ダイエットを本質的に成功させるには、「代謝アップ」がカギになりますが、

「肝臓が元気に働く=代謝アップ」に大きく寄与するので、凄く大切になります。

★肝臓が疲れている方が多い・・・

そもそも肝臓にはどのような働きがあるかご存知ですか?

肝臓は別名「身体の科学工場」と言われています。

食べたものは、腸で血管に吸収されて、肝臓まで運ばれます。

肝臓では、栄養素として取り込まれるものと、不要なので出すものとに分解されます。

分解する過程で肝臓が頑張るのですが、分解しやすい食べものと、そうではない食べものがあります。

簡単に言えば、添加物、アルコール、お砂糖、お薬。これらは分解が大変と言われています。

分解が大変ということはその分、肝臓が頑張るので、疲れてしまうということになります。

食べたあと眠くなるというのは、肝臓に血がたくさんいって働いていて、脳にいく分が少なくなるから起こります。

身体にいいものを食べると、ダイエットや健康にいい!!というのは、肝臓に負担をかけないかどうかにも大きく関係していることになります。

以上が、ダイエットを成功させるために必要な2つのポイントのお話しになります。

次からは、具体的な改善方法についてのお話しをします。

コメント